オーナーインタビュー

2020年1月25日

住みたい場所から考えるリノベーション 長野市K様邸

オーナーインタビュー
住みたい場所から考えるリノベーション 長野市K様邸

建築場所:長野市  
築年数 :20年
延床面積:202.64㎡(61.29坪)
リフォーム面積:74.96㎡(22.63坪)
工 期 :3.5ヶ月
竣 工 :2018年3月
設計:一級建築士事務所・小林創建企画設計事務所
施工:株式会社小林創建リフォーム部
住所:松本市高宮北5−8
電話:0263−26−6260

長野市K様邸のリノベーション

お気に入りの場所に住む。
住みたい場所から考えるリノベーションという選択。

「はじめは新築の注文住宅を考えていたんです。でも土地が見つからなくて」というKさんご夫婦。

駅の近くに住みたい。
そんなときにたまたま売りに出ている築19年の中古物件に遭遇しました。

立地は抜群。生活圏も変わらない。
物件の状態も良い。
とはいえ、自分たちの理想通りのリフォームができないのなら中古物件を購入したくない。

小林創建を選んだ理由は、私たち家族の求めているイメージを共有できたからです。
費用をかける優先順位のアドバイスも的確で、経験の豊富さや実績も安心材料になりました。

現場で何度も細かく相談できたおかげで、いくつか提案してもらったレイアウトパターンも選ぶのが楽しかったです。

新築がよかったという後悔はありません。
DIYで自分たちで作った棚も日々、愛着が増しています。

リビング

以前の持ち主と年齢も好みも違ったため、間取りやインテリアをガラリと変えました。
生活の中心となる2階を主に改修。
細かく仕切られた部屋を、一体空間のLDKへチェンジ。

キッチンを移動しました。
回遊性のある動線も意識しています。

お風呂場

もともとキッチンがあった場所に広い洗面台を設置。
脱衣所と分けることで、誰かが入浴していても気兼ねなく洗面所を使えるようにしました。

寝室

リフォーム前は廊下に出ないと行けなかった寝室をLDKと直結させ、動線をスムーズにしました。

外壁

家を守るために何よりも大切。
1階、3階のリフォーム予算を削って外壁の塗装に充てました。

1階

1階3階はほぼ手を加えていません。
外壁の塗装に予算を割きましたが、ゆくゆく手を加え、変化と進化を楽しむ予定です。
今はご夫妻の趣味部屋として活用。

お問い合わせ