スタッフブログ

2020年12月13日

上棟式に参加させていただきました!

スタッフブログ
上棟式に参加させていただきました!

こんにちは!
広報担当の大倉です。

今回は、F様邸の上棟式にお邪魔をして、餅撒きに初参戦したことをリポートします!
上棟式というと、最近はめっきり減ってしまったようで、2020年、小林創建では数十件と上棟がありましたが、上棟式を行ったお施主様はF様ともう1組の2組のみです。日本の文化が廃れていくようで、少し寂しいですね・・・。

リポートをする前に、建築知識初心者の私ですが、上棟と上棟式について説明します★
上棟」とは、(簡単に言うと、屋根で一番高い、横に架かった梁のことです)などの骨組みが完成した状態のことを言います。

上棟式」はこの上棟が無事に終わったことを感謝し、完成を祈願する行事です。最近は、大工さんや、我々作り手側と親睦を深めたり工事関係者を労う意味合いが大きいようです。
昔は全て人力作業であったと考えると、危険で重労働な作業を終えた後にお祝いするのは必然ですね・・・。


僕君もハッピを着て、準備は万端です!
上棟式は、司会:営業、儀式:棟梁で進行します。

ハッピがばっちりキマッてます!

司会の進行に従って、祭壇にお神酒やお米をお供えします。
木槌やトンカチで掛け声をかけながら3回トントン床を叩いたり、建物の四方から外にお餅を投げたり、お神酒を皆で乾杯したり・・・順調に進みます。

最後は手締めで、上棟式は無事に終了です!

皆で集合写真をパシャリ。F様のお家が無事に完成することを祈っております!
これから沢山の業者さんが関わってお家ができていきます。業者さん皆で撮ると一体何人になるのでしょうか?いつかお世話になった人全員で撮ってみたいですね。

お次はお待ちかねの餅まきです。

僕君は撒く前のピース✌ 沢山のお餅とお菓子を撒きました!
餅まきをお待ちかねの皆さまにポンポンポーン。途中供給が多すぎて大変なことになっていました(笑)
僕君ナイスショットでした!沢山投げられたね!

F様ご夫婦もどんどん撒きました!(お二人の後ろ姿が素敵だったので、思わず撮ってしまいました。)

最後に大倉の中でのナイスショットを。当社の不動産担当山崎さん。会社一の高身長から繰り出される投球(?)を見事に捉えました。ナイスフォームです。

無事に上棟式を終えたF様邸。これから外壁が出来上がり、内部造作が始まり、どんどんお家らしくなっていきます。完成が今から楽しみですね!素敵なお家になることを祈っております!
取材を快く承諾して頂いたF様、本当にありがとうございました!!

お問い合わせ