毎日を自分らしく、楽しく暮らす。 デザイン

信州の人たちには暮らしを楽しむ感性があります。
これまでたくさんのお客様と家づくりをさせていただくうちに、私たちはそう思うようになりました。その、建物の見た目の好みや利便性の追求などではなく、「自分たちが心からいいと思うものに囲まれてくらしたい」という想いは、古くから手づくりの文化を大切にしてきた信州の人ならではの感性なのでしょう。長く大切に暮らすことのできる家は、無駄がなく飽きのこないデザインだと考えます。そんな家で毎日を自分らしく、楽しく暮らす。お客様のこんな思いを実現します。

細部へのこだわり

その上で、小林創建のすまいづくりは、デティール(細部・詳細)の標準化(ノウハウ)をもとに構造を整えながらコストバランスを考え、そうしたノウハウをもとにデザインを行います。
お客様の土地を読みながら、縦横の線を揃えたり窓をどこに配置するか高さをどうするかを考えてデザインを行います。そうした積み重ねで、最終的には住んで心地よい愛着の持てる経年美化のすまいのご提案を1邸1邸丁寧に行っています。

永く住める家はその古さを感じさせない

築年数が経っている家でも、その古さを全く感じさせない家があります。それらは、日本人としての感覚や感性、生活のリズムを理解した上で、その生活に沿うようにデザインされた家。
わたしたちも、せっかく建てていただく家は、永く愛情をもって暮らして欲しいと考えています。
そんな家づくりを一緒に考えてゆきましょう。

相談できる、体験できる。
家づくりと向き合うきっかけづくり。

お知らせ・イベント

お問い合わせ